読み込み中
詩人

及川俊哉

語りえぬ福島の声を届けるために
〜詩人・及川俊哉 現代祝詞を詠む〜

Toshiya Oikawa

2009年に上梓した第一詩集『ハワイアン弁財天』で脚光を浴び、同人誌「ウルトラ」二代目編集長として、新世代の詩を牽引していた詩人・及川俊哉。彼の生活と人生を一変させたのは、住み慣れた福島に甚大な被害をあたえた東日本大震災だった。

語りえぬ福島の声を届けるために 〜詩人・及川俊哉 現代祝詞を詠む〜

震災のあった2011年3月11日から、三年。及川俊哉は、これまでのポップで挑戦的な詩風をやめ、現代の詩の言葉と東北に代々伝わる祝詞を融合させた「現代祝詞」の執筆に専心していた。さらに、福島第一原発事故でゴーストタウン化した浪江町、被災地に赴いては、祝詞を読みあげる活動をしているという。詩人は東北各地の神社を訪い、神主と会っては、いまは忘却の彼方にしかない、古代東北の声をキーボードに天下降らせようとする。原発やセシウムさえも、現代の荒御魂として迎える、鎮魂の言葉で。
そして、国会議事堂のまえには、正装してたたずむ詩人の精悍な姿があった。古代蝦夷の神々、荒脛巾大御神の源流へと遡り、完成させた、新たな現代祝詞をたずさえて。

語りえぬ福島の声を届けるために 〜詩人・及川俊哉 現代祝詞を詠む〜
(text 石田瑞穂)
2016年高円寺ドキュメンタリー映画祭にて上映
311ドキュメンタリーフィルム・アーカイブ登録作品
及川俊哉

及川俊哉 (詩人)
1975年岩手県生まれ
福島在住の国語科教師であり、詩の同人誌『ウルトラ』の2代目編集長。2009年、詩集 『ハワイアン弁財天』 を刊行。「水蛭子(ひるこ)の神に戦を防ぐ為に戻り出でますことを請ひ願う詞」にて第25回「詩と思想 新人賞」受賞。

PLANNER/SUPERVISOR
城戸朱理
NARRATOR
平田潤子
CAMERA
山崎裕
CA
水上慎也/松村敏行
AUDIO
黒木禎二/大場雅一
EDITOR
鈴尾啓太
EED
池田聡
AUDIO MIXER
富永憲一
AD
熊田草平
PRODUCER
平島進史/寺島髙幸
DIRECTOR
平田潤子

EDGE SP #15 / 2014.05.03

ベターライフチャンネル(スカパー! Ch.529)
テレビチューナーアプリ ivy (iPhone / android) にて放送中