読み込み中
詩人

西脇順三郎

詩人・西脇順三郎
新しき美を求めて

Junzaburo Nishiwaki (part.2)

日本の近代詩の風土にはなかった、新たな美の沃野をきり拓いた西脇順三郎。語学の才にめぐまれ、日本語のみならず、英語やラテン語でも詩作しながら、古今東西、各国の文学を研究し、大学ではイギリスやヨーロッパの文学を長年にわたって教えた詩人。
しかし、膨大な知の原野を逍遥して書かれた西脇詩の全体像は、いまもって計り知れない。そんな、西脇順三郎の謎につつまれた美の世界に、生前の西脇を知る新倉俊一、藤富保男、白石かずこ、吉増剛造、そして城戸朱理といった、現代を代表する詩人と学者たちが迫る。

詩人・西脇順三郎 新しき美を求めて

英語で書かれ、イギリスで出版された西脇順三郎の第一詩集『Spectrum』や、日本語詩の第一詩集『アムバルワリア』など、貴重な初版本を繙きながら、詩人の生涯をカメラはたどる。1970年代に西脇順三郎の姿を映した稀しいフィルムや、オックスフォード留学時代の詩人、西脇が十代後半までをすごした故郷・小千谷との関係、同郷人による証言、西脇本人による朗読音源など、ふだんは視聴のかなわない映像・音声資料が満載。そこには、野原を彷徨い名もない百草つみに熱中していたことなど、「知の巨人」とよばれた詩人の意外でユーモラスな一面ものぞく。
言葉と紙の平原で、東洋と西欧の芸術文化が時空を超えて通いあい、人間と万物がとろけあって響く、西脇順三郎の詩学。本作は、その「新しい思考の世界」に、西脇ファンのみならず、多くの者を招待している。

詩人・西脇順三郎 新しき美を求めて
(text 石田瑞穂)
西脇順三郎

西脇順三郎 (詩人)
1894年-1982年(満88歳没)新潟県生まれ
1922年に渡英し、同地で英文詩集『Spectrum』を刊行。帰国後、大学教授を務め、シュルレアリスムを日本に紹介。代表作『Ambarvalia』の他、詩論『超現実主義詩論』 など著作多数。

PLANNER/SUPERVISOR
城戸朱理
NARRATOR
中尾良平
CAMERA
夏海光造/石井有生
VIDEO ENGINEER
早坂君男
CA
井之上大輔/門脇妙子
EDITOR
池田聡
AUDIO MIXER/SOUND EFFECT
渡辺丈彦
AD
赤池佑介
PRODUCER
寺島髙幸/清田素嗣・設楽実
DIRECTOR
伊藤憲

EDGE SP #10 / 2011.05.21

ベターライフチャンネル(スカパー! Ch.529)
テレビチューナーアプリ ivy (iPhone / android) にて放送中