読み込み中
詩人

榎本櫻湖

詩人・榎本櫻湖の冬の旅

Sakurako Enomoto

2011年に現代詩手帖賞を受賞し、翌年、処女詩集「増殖する眼球にまたがって」で詩壇に存在感を示した榎本櫻湖。画数の多い漢字や難解な表現を駆使した奔放な世界は、しばしば“言葉地獄”と形容され、時に読者を拒絶することさえあるほどだ。

彼女はいったい何者なのか―—東京郊外の一軒家で本に囲まれて暮らす榎本を訪ね、生まれ育った中野の商店街を歩くうち、これまで何重もの“生き難さ”を抱えながら詩作と向き合ってきた彼女の葛藤が明らかになっていく。両親の離婚、自殺未遂、男として生まれた自分の性や、肉体に対する違和感。高校には行かず引きこもり、唯一通った古本屋で出会う本だけが、彼女の世界だった。あたかも曼荼羅の如く文字で世界を埋め尽くすことで、著作から“私”という存在を消す。「生きることが苦しい?」思わず聞いたスタッフに彼女は答える。「私になってみたら分かるよ。すぐ自殺すると思う」と。だが同時に、生きることへの絶望を語り、深海魚への憧れを語る榎本はどこか朗々としている。

詩人・榎本櫻湖の冬の旅

自分の存在を消すかのように“私”という主語を拒んでいた榎本だったが、現実世界との接点が、意外なかたちで現れる。性同一性障害だった彼女が戸籍の性を変える時、生き別れた母親が、福島県相馬郡旧小高町〜福島第一原発の事故後、現在も立ち入りが制限されている地域〜の出身だったことに気づいたのだ。やがて彼女は、生まれてはじめて福島へ、母のルーツを探る旅に出る。自ずとそれは、詩人として躍動を始めた榎本櫻湖が“私”というルーツをたどる最初の旅でもあったのだ。

詩人・榎本櫻湖の冬の旅
(text 佐藤寛朗)
映文連アワード2015 部門優秀賞受賞
榎本櫻湖

榎本櫻湖 (詩人)
1987年東京都生まれ
2011年、現代詩手帖賞を受賞。2012年に第一詩集『増殖する眼球にまたがって』を出版。他に『空腹時にアスピリンを飲んではいけない』など。

PLANNER/SUPERVISOR
城戸朱理
NARRATOR
阿部芙蓉美
CAMERA
山崎裕
AUDIO
池田 健/井手口大騎ダグラス
EDITOR
鈴尾啓太
EED
池田聡
AUDIO MIXER
富永憲一
AD
熊田草平
PRODUCER
寺島髙幸/平島進史
DIRECTOR
平田潤子

EDGE 1 #24 / 2015.04.25

ベターライフチャンネル(スカパー! Ch.529)
テレビチューナーアプリ ivy (iPhone / android) にて放送中