読み込み中
詩人

岡本啓

すべてのささいな出来事

Kei Okamoto

「生まれたての世界と旅する詩人」

詩と映像がゆらいではまざりあい一篇のなにかになる。音楽のような、歌のようなものへ。そのあわいを、ときほぐせないものへ。
ミャンマーのホテルのロビーで書かれた一葉のエアメール。そこからはじまろうとする、若き詩人・岡本啓の旅。けれども、どうやら、撮影班の荷物がどこかの空港で迷子になっているらしく、メルギー諸島をめざすという詩人と撮影班は、ヤンゴンのダウンタンで足止めをくっている。旅は、いつまでたっても、はじまらない。

詩人・岡本啓<br />すべてのささいな出来事

はじまらない旅の途中、岡本啓は、ノートに日本語を綴りはじめる。言葉は「声とクラクションで充満している」アジアの交差点になったり、色鮮やかな民族衣装、少年の肌からのぞく刺青になり、車窓で片膝をたてぼんやり煙草をふかす男にもなってゆく。果物籠をもった売り子の少女の声が、その異邦語の柔らかなスコールが、詩人には「歌」に聴こえた。世界にはいまだ歌でできた街角がある。岡本啓は街角と人熱のなかに心と耳をうずめ、キャップに眼差をかくし、陽焼けした腕のなかでなんどもノートをひらく。
ヤンゴンでの滞留中に書かれた詩「ロストバゲージ」は、この詩人の在り方そのもののようだ。「ここにささったこころもとなさ/これこそあたし」。足止めの詩人と撮影班を置き去って、人々は自転車にのって歌い生活の時針を走らせてゆく。もう何度目かのヤンゴンの夕陽が、黄金の寺院を、小舟の浮くいつまでも渡れない河を、人々の祈祷をオレンジに染めあげ岡本啓の横顔を照らす。

詩人・岡本啓 すべてのささいな出来事

こころもとなさは、不安であることをやめ、歌う河と薄暮に青くまざった。生きてゆくこと、詩を書く戸惑い、父親になったばかりの不安や期待は、異邦の見知らぬ風景と声にいだかれ、いつしか、おだやかな無言のハミングに変わり、河面から海へ流れてゆく。
明日も、はじまらない旅をする、じぶんを夢見て。
岡本啓は、いう。「生まれたての赤ちゃんは、皮膚がまだ世界に慣れていない」。若き詩人は、旅しつつ詩さえも脱ぎ棄て、言葉の生まれたての皮膚で、世界を感じとろうとする。

詩人・岡本啓 すべてのささいな出来事
(text 石田 瑞穂)
岡本啓

岡本啓 (詩人)
1983年生まれ
28歳から詩を書きはじめ、2015年、「現代詩手帖」への投稿詩をまとめた処女詩集『グラフィティ』で中原中也賞と、H氏賞を史上初めてW受賞した。2017年には、東南アジアや国内各地の旅から生まれた第二詩集『絶景ノート』で第25回萩原朔太郎賞を受賞。

出演
岡本啓
演出
平田潤子

EDGE 1 #28 / 2018.04.21

ベターライフチャンネル(スカパー! Ch.529)
テレビチューナーアプリ ivy (iPhone / android) にて放送中