読み込み中
舞踏家

笠井叡

今晩は荒れ模様
笠井叡と女たちの“振り付け関係”

Akira Kasai
今夜は荒れ模様 笠井叡と女たちの“振り付け関係”

笠井叡は大いなる越境者だ。天才舞踏家と言われながら、ドイツに渡ってオイリュトミーを修め、帰国後も多彩な活動を展開。2014年に振り付けた『今晩は荒れ模様』では、錚々たる6名の女性ダンサー、上村なおか、黒田育世、白河直子、寺田みさこ、森下真樹、山田せつ子と共に、新たな越境に挑んだ。

今夜は荒れ模様 笠井叡と女たちの“振り付け関係”

本映像では、作品の稽古から本番までを、インタビューを交えて追っていく。振付の作業を「振付関係」と呼び、その対象が異性である場合、この作業は未知で予測不可能だとする笠井。彼が女性的な「供犠」を感じるという黒田は、音楽が高まるにつれてパッションを迸らせて踊り、周りを自分に引きつけるタイプだと分析された寺田は、中性的・透明的な雰囲気で舞う。また、笠井いわく「(台詞を)喋っている時は男性、踊っている時は女性」である森下と上村のデュオは、言葉と身体の独特な距離感を浮かび上がらせる。

今夜は荒れ模様 笠井叡と女たちの“振り付け関係”

さらに、自分で自分の体を壊す“女性の暴力性”が動きに結びつく珍しい踊り手だと笠井が指摘する白河は、内的相克を劇的に体現。一方、笠井から「アパティア(無感動)の動きがジェンダーを超えている」と評された山田は、子供とも老女ともつかぬ静謐な輝きを放ち、唯一、笠井とも踊る。そして創作の最後に足された、ドラァグクイーン姿の笠井とダンサー達によるフィナーレ。一次的・一面的な男性性/女性性の区分の先にある、存在そのもののエロスが立ち現れるさまは必見だ。

今夜は荒れ模様 笠井叡と女たちの“振り付け関係”
(text 高橋彩子)
笠井叡

笠井叡 (舞踏家・振付家)
1943年三重県生まれ
1960年代に土方巽、大野一雄と親交を深め、数々のソロ舞踏公演を行う。70年代天使館を主宰し、以来多くの舞踏家を育成。2014年『日本国憲法を踊る』により芸術選奨文部科学大臣賞舞踊部門受賞

PLANNER/SUPERVISOR
城戸朱理
CAMERA
髙野大樹/山崎裕/宮内文雄/堀越希美恵
VIDEO ENGINEER
早坂君男/戸田裕士
CA
水上慎也
EED
池田聡
AUDIO MIX
富永憲一
SOUND EFFECT
玉井実
PHOTO
神山貞次郎
AD
杉山あかね
AP
平田潤子
PRODOCER
寺島髙幸/平島進史
DIRECTOR
伊藤憲

LIVE! EDGE #13 / 2015.07.11

ベターライフチャンネル(スカパー! Ch.529)
テレビチューナーアプリ ivy (iPhone / android) にて放送中