読み込み中
詩人

石田瑞穂

手の先にあるもののために

Mizuho Ishida

石田瑞穂、29歳。第一詩集『片鱗篇』を執筆中の姿が、今になると新鮮だ。当時、詩人は、青山の広告制作会社でコピーライターをしていた。資本主義的なイメージが氾濫する青山を歩きながら、そうしたイメージに回収されえない詩の言葉を探す。詩人の部屋には、極端に物がない。物には独自の生命、固有の魂があり、それは、所有することができない。しかし、物は、その生命を分け与えてくれるのではないか。物に触れることで、動き出す言葉を探す。若い詩人にとって、言葉もまた物にほかならない。個物のように立ち上がる言葉に触れることでも、詩が生まれる。

手の先にあるもののために

石田瑞穂は、高校二年のときのアメリカ留学で、自分が周縁の人間であることを思い知らされたと語る。この衝撃が、彼を突き動かした。イメージに覆われた現代社会のなかで、私たちの言葉は覆い隠されたものに届くのだろうか。石田瑞穂は、1980年代から90年代にかけて、日本では何かが壊れていったのではないかと語る。現実を喪失して、観念に覆われた世界。そんな世界では、人間も生きられないのではないか。詩人は、詩を書くことで生きていく方法を見つけたいと語る。このドキュメンタリーが制作されてから、石田瑞穂は、第一詩集『片鱗篇』(2006)を上梓、さらに第二詩集『まどろみの島』(2012)で第63回H氏賞、第三詩集『耳の笹舟』(2015)で第54回藤村記念歴程賞を受賞し、積極的な活動を展開している。その軌跡の発端と秘密が、ここにある。

手の先にあるもののために
(text 城戸朱理)
石田瑞穂

石田瑞穂 (詩人)
1973年埼玉県生まれ
1999年に現代詩手帖賞を受賞してデビュー。『まどろみの島』(H氏賞受賞)、『耳の笹舟』(歴程賞受賞)など。

PLANNER/SUPERVISOR
城戸朱理
語り
小山茉美
CAMERA
水野宏重
VIDEO ENGINEER
新垣直哉
CA
増井秀実
AUDIO MIXER
吉田一明
EDITOR
池田聡
AD
平田潤子
PRODUCER
寺島髙幸/大伴直子・設楽実
PRODUCTION MANAGER
清田素嗣
DIRECTOR
伊藤憲

EDGE 1 #12 / 2003.02.08

ベターライフチャンネル(スカパー! Ch.529)
テレビチューナーアプリ ivy (iPhone / android) にて放送中